007 Die Another Day (2002) / 007 ダイ・アナザー・デイ

『007 ダイ・アナザー・デイ』(ダブルオーセブン ダイ・アナザー・デイ、Die Another Day)は、リー・タマホリ監督のスパイアクション映画。2002年公開。

『007』シリーズ第20作。シリーズ40周年通算20作を記念して作られたダブルアニバーサリー作品である。ピアース・ブロスナンがジェームズ・ボンドを演じた最後の作品である。

 ・ amazon : 007 Die Another Day (2002) / 007 ダイ・アナザー・デイ

 ・ amazon prime : 007 Die Another Day (2002) / 007 ダイ・アナザー・デイ

 ・ Youtube : 007 Die Another Day (2002) / 007 ダイ・アナザー・デイ

007 Die Another Day (2002) / 007 ダイ・アナザー・デイのあらすじ

ボンドは北朝鮮に侵入し、ダイヤモンド商人に成りすまして非武装地帯にある基地を訪れる。ボンドはアフリカから不正輸出されたダイヤモンドと引き換えに武器の密輸を行っていたムーン大佐を抹殺しようとするが、ムーン大佐の側近のザオがボンドの顔情報を某所へ照会したことで、彼の正体が暴かれる。ホバークラフトでの追撃戦の末にムーン大佐は滝へ落ち、ボンドは彼の父であるムーン将軍に捕らわれ、長きに渡る監禁・拷問を受ける。

14カ月後、逃亡先で中華人民共和国の諜報員3名を殺害して捕まったザオとの捕虜交換が行われ、ようやくMのもとに戻れたボンドは思いがけない言葉を耳にする。それは00(ダブルオー)ナンバーの剥奪だった。1週間前に北朝鮮内部に潜り込んでいたアメリカの工作員が処刑され、ボンドがいた収容所から情報が発信されたことから、北朝鮮での拷問でボンドが機密事項を洩らしたのが原因だと疑うアメリカはこれ以上の情報漏れを恐れ、ザオとの交換でボンドを連れ戻したのだという。ボンドを疑うMは、ボンドの00ナンバー剥奪という決断に至ったのだ。

この結果に納得のいかないボンドは、裏切り者を突き止め、自らのプライドと00ナンバーを取り戻すべく、拘束された香港に停泊するイギリス工作船から脱出。同地を拠点に活動する中華人民共和国の諜報員ミスター・チャンの協力のもと、ザオがキューバに潜伏中との情報をつかみ、現地に飛ぶ。地元の情報屋ラウルの情報で、ザオがDNA変換療法を行っているロス・オルガノス島の病院にいると判明。

ボンドは島の対岸にあるビーチでジンクスと遭遇。島に潜入したボンドは、ドイツ人に化ける人種変換を受けていたザオを発見。実はアメリカNSAのエージェントであるジンクスと共にザオを追い詰めるが、彼はダイヤモンドを残して逃亡を果たす。

ザオの残したダイヤモンドは、ここ一年で勢力を伸ばしているが、それ以前の経歴が判然としないダイヤモンド王のグスタフ・グレーブスのものだと判明する。グレーブスが黒幕だと感じたボンドは、ロンドンの社交場「ブレーズ・クラブ」でグレーブスに接触。さらに彼に招かれてアイスランドを訪れ、グレーブスの隠された驚くべき正体とその恐るべき征服計画を知ることとなる。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 007 The World Is Not Enough (1999) / 007 ワールド・イズ・ノット・イナフ

  2. 007 Tomorrow Never Dies (1997) / 007 トゥモロー・ネバー・ダイ

  3. 007 GoldenEye (1995) / 007 ゴールデンアイ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。