007 The World Is Not Enough (1999) / 007 ワールド・イズ・ノット・イナフ

『007 ワールド・イズ・ノット・イナフ』(ダブルオーセブン ワールド・イズ・ノット・イナフ、The World Is Not Enough)は、マイケル・アプテッド監督のスパイアクション映画。1999年に公開。007シリーズ第19作。日本での公開は2000年2月5日。

 ・ amazon : 007 The World Is Not Enough (1999) / 007 ワールド・イズ・ノット・イナフ

 ・ amazon prime : 007 The World Is Not Enough (1999) / 007 ワールド・イズ・ノット・イナフ

 ・ Youtube : 007 The World Is Not Enough (1999) / 007 ワールド・イズ・ノット・イナフ

007 The World Is Not Enough (1999) / 007 ワールド・イズ・ノット・イナフのあらすじ

ボンドは、石油王ロバート・キング卿の大金を回収する事に成功。キング卿が大金を確認するためMI6を訪れる。Mへ任務の経過を報告している最中に、ボンドはその大金に罠が仕掛けられていることに気づき止めようとするが間に合わず、キング卿は爆死した。ボンドは犯人と思われる女暗殺者を追うが、激しいボートチェイスの末、女暗殺者は「彼からは逃げられない」とい言葉を残して自爆する。

真犯人は009に銃弾を頭に撃ち込まれるも死なず、そのせいで痛みを感じない体となった不死身のテロリスト「レナード」だと睨んだMI6は、キング卿の娘であり、レナードに誘拐された経験があるエレクトラ・キングが次に狙われると判断。ボンドに彼女の警護を命じる。

そんな時、廃棄される予定の核弾頭がレナードによって盗まれ、キング社の石油パイプラインに仕掛けられる。ボンドは、科学者のクリスマス・ジョーンズや元KGBのヴァレンティン・ズコフスキーらと協力しながら、レナードを追ううちにレナードの背後に潜む本当の黒幕と石油独占計画を知る

  • コメント: 0

関連記事

  1. 007 Die Another Day (2002) / 007 ダイ・アナザー・デイ

  2. 007 Tomorrow Never Dies (1997) / 007 トゥモロー・ネバー・ダイ

  3. 007 GoldenEye (1995) / 007 ゴールデンアイ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。