007 Diamonds Are Forever (1971) / 007 ダイヤモンドは永遠に

『007 ダイヤモンドは永遠に』(ゼロゼロセブン ダイヤモンドはえいえんに、Diamonds Are Forever)は、1956年に出版されたイアン・フレミングの長編小説(『ジェームズ・ボンド』シリーズ第4作)。また1971年公開の、ガイ・ハミルトン監督のスパイアクション映画。『007』シリーズ映画化第7作。

 ・ amazon : 007 Diamonds Are Forever (1971) / 007 ダイヤモンドは永遠に

 ・ amazon prime : 007 Diamonds Are Forever (1971) / 007 ダイヤモンドは永遠に

 ・ Youtube : 007 Diamonds Are Forever (1971) / 007 ダイヤモンドは永遠に

007 Diamonds Are Forever (1971) / 007 ダイヤモンドは永遠にのあらすじ

日本、カイロなどブロフェルドの足跡を追うボンドが、遂に宿敵ブロフェルドを見付け、影武者共々殺害する。

Mからは休養も兼ねてしばらく地味な任務、南アフリカから発掘される大量のダイヤモンドが盗難され、何者かによって密輸され、闇市場にも出ずに消失している件の捜査につけと命を受ける。

ボンドは、アムステルダムへ向かい、ダイヤの運び屋ピーター・フランクスと言う男に成りすまし、ティファニー・ケイスと言う女性に接触する。

しかし、本物のフランクスが脱走してティファニーに接触しようとするが寸前でボンドが殺害。とっさに機転を利かせて自分の身分証をフランクスの懐に入れてボンドを殺したことにする。

その遺体にダイヤを隠して、ロスへ密輸。

ボンドは事件を調査していくうちに、謎の陰謀と凶悪な黒幕に挑むこととなる。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 007 You Only Live Twice (1967) / 007は二度死ぬ

  2. 007 From Russia with Love (1963) / 007 ロシアより愛をこめて

  3. 007 Thunderball (1965) / 007 サンダーボール作戦

  4. 007 Dr. No (1963) / 007 ドクター・ノオ

  5. 007 Goldfinger (1964) / 007 ゴールドフィンガー

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。